プロフィール

著書のご紹介

一覧へ戻る

亀井静香 天下御免!

「YES」と言わせる日本

石原慎太郎、亀井静香共著

大ベストセラー『「NO」と言える日本』から28年
暴走老人2人が憂国の緊急対談
トランプよ習近平よ金正恩よ、日本をなめるな!

平成29年6月29日発売
小学館新書 740円+税


◎目次

第1章 トランプよ、日本をなめるな

トランプは世界の流れにフィットしている/トランプじゃなくて花札で勝負だ
狂犬のクレージーキャットの闘い/アメリカはエゴむき出しの状況
日本をなめたらいかんぜよ/安倍総理に伝えてくれ/白人はほとんどいなかった
勝てるとは思っていなかった/小池都知事はさらし者にしたかった
日本の科学技術をなめるな/安倍総理は順番を間違えた
オバマが中国をのさばらせた


第2章 白人による世界支配の終焉

習近平の派遣主義とトランプの一国主義/白人は都合よくルールを変える
白人支配の歴史への反発/テロ組織をいくら叩いても終わりがない
テロには歴史的な蓋然性がある/アメリカは目先の損得勘定で損をする
TPPは国を売る話か/日本がイニシアティブをとる/日本は核武装する必要はない
中国は必ず内部から崩壊する/政治家には正しい文明史観が必要
日本がチベットになってしまう


第3章 米中ニ大国に「YES」と言わせろ

やるならやってみろ/アメリカはカウボーイと思え/羽田空港を国際化した
恫喝できない政治家は駄目/「NO」といえる政治家がいない
アメリカの引きこもりは日中問題に直結/中国の覇権主義をくじくべき
ミサイル防衛時代の日米安保/トランプは下手な鉄砲を振り回すカウボーイ
東京にもミサイルが飛んでくる可能性がある/アメリカは金正恩を暗殺する
頂上会談を安倍総理が仲介せよ/日韓北朝鮮の同盟でどうだ
植民地支配をどう評価するか/独立心を支えるのは技術か
日本語がおかしくなってきている/アメリカに「YES」と言わせる


第4章 対米従属の戦後史

白洲次郎が言った「吉田茂を許せない」こと/日本語における助詞の重要性
知識人だけが満足するような憲法は駄目/田中角栄は文明史観を持っていた
金権主義は自民党の伝統か/アメリカの逆鱗に触れた田中角栄
尖閣を実効支配している証を立てる/尖閣をめぐって戦争にはならない
なぜ灯台をつくれないのか/日本列島の所有権が中国に移る


第5章 日本のために天皇の靖国を守れ

日本の象徴とは何か/天皇は日本の大神主/なぜ天皇は靖国にお参りしないのか
外国人に言われる筋合いはない/A級戦犯が祀られているからか
靖国は賊軍を祀るべきだ /日本のレゾンデートルが失われる/
昭和天皇の「死してのち已む」/恣意的な交代を認めたら天皇制は崩壊する


あとがき

一覧へ戻る

TOPに戻る

バックナンバー